第150回日本獣医学会学術集会
トップページ > 会長あいさつ
 

会長あいさつ


第150回日本獣医学会学術集会のご案内

会長 五十嵐 郁男

第150回日本獣医学会学術集会
会長 五十嵐 郁男

 
 第150回日本獣医学会学術集会を平成22年9月16日(木)より18日(土)までの3日間、国立大学法人帯広畜産大学の主催により開催させていただくことになりました。会員をはじめ多くの関係者の皆様に御出席をお願いしたく、ご案内申し上げます。
 秋の地方での学術集会は、春のいろいろな企画を主体としたものと異なり、日頃の研究成果をできるだけ多く会員の皆様に発表していただく機会を提供するのがその趣旨であります。帯広畜産大学では、過去数年に渡りまして大学の教育環境の設備に努めてきており、本学の生まれ変わったキャンパスを利用することにより、充実した学術集会を開催することができると考えております。また、今回は150回の記念となる学術集会にあたり、獣医学会と本学との共催により市中心部で記念講演を開催致します。広く一般市民の方々に獣医学会の社会貢献や国際貢献の活動を知っていただくための話題とともに、時宜にかない北海道大学の喜田宏先生にインフルエンザの話題を講演いただく予定になっています。さらに、150回記念パーティでは、第100回大会から25年間の流れを振り返るとともに、牛の丸焼きをはじめ、秋鮭、男爵など北海道十勝の新鮮な食材を存分にご賞味して頂きたいと考えています。
 帯広市は世界で唯一、1トンあまりの重種馬が重量物を積んだ橇を引き力とスピードを争う豪快なばんえい競馬を実施しています。学会最終日にはレース観戦ツアーを企画し、普段見学できない競馬場のバックヤードツアーや獣医学会協賛レースも予定しております。また、9月の中旬は紅葉シーズンが始まる時期であり、学会参加後は十勝平野や大雪山等の北海道の広大な自然をお楽しみ頂けます。多くの会員の御出席を心からお待ちしております。