本研究は「畜産における温室ガスの制御と利用に関する技術開発(GGAA)」を目的とし、農畜産系温室ガスとしてメタンと亜酸化窒素に焦点を絞り、50%低減を目標値にして研究実施中の「反芻胃モデルによるセルロースからの水素製造技術の開発研究」の成果の一部を応用する発酵ガス解析とルーメンフローラ解析により反芻家畜から発生する温室効果ガスの有効かつ安全な制御技術を開発し、2008~2012年京都議定書評価年に向けた制御法インベントリーを確立します。
家畜由来温室効果ガス低減法インベントリーの開発スキーム
トピックス